「ほっ」と。キャンペーン
プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
2011年 09月 09日
プログレ名盤vol.4・・・イ・プー『ロマン組曲』
d0181930_12254427.jpg


『 Un po' del nostro tempo miglione(ロマン組曲)』(1975)

昨日のブログにちょっと書いたけど、毛利氏繋がりで今日はイ・プーの紹介である。

何の予備知識もなく、10代のある日(1976年頃?)、
NHKFMから流れてくる音楽を聴いた。
今思えば場違いのように昼12時(!)からの一時間番組で、
その週はユーロ・ロック系の特集をやっていたらしく、
プログレ系かも?と思ってカセットに録音しつつ
(いわゆるエア・チェックというやつである)、
このイ・プーの6thアルバム『ロマン組曲』を初めて聴いた。

(でもそんな昼間っぱらから、なんで聴けたんだろ?高校生だったのにねえ。
テスト期間だったっけ?・・・・まったく記憶がないが、まあいい)

一曲目から映画音楽を思わせるオーケストラの入った悠揚なインスト曲。

このアルバムは、旧A面B面の冒頭各1曲目にインスト曲があり、
その調べに乗って、
イ・プーのスウィートな幻想世界に入っていくという構成のようだ。

2曲目で、はじめてヴォーカルが登場するが、その声を聴いた瞬間、
”おお!イタリア~!、地中海~!”と、叫んでしまいたいくらい
(ちょっと大げさか(^_^;))、
異国ヨーロッパ、イタリアの森へ迷い込んでいく・・・。

どの曲も演奏がすごいというわけではない。
もちろんソロの応酬なんてない。激しくもない。
でも心を揺さぶるメロディがあり、歌がある。それだけで充分。
メロディは全て美しく、歌はどれも切なく、優しい。

このアルバムには、ほとんど全ての曲にオーケストラが入っている。
役割分担として、キーボードはピアノとチェンバロの演奏にほぼ特化しており、
バンド全体の音も非常にシンプルである。
そして4人の演奏に加わる厚みのあるオーケストラがスケールを広げ、
夢見るような壮大なサウンドに仕上げている。
誰がオーケストラ・アレンジをしているのかは知らないが、
クラシック音楽にかなり精通した人のワザである。

さて、イ・プーのプログレ期のアルバムとして、
当アルバムと『PARSIFAL(パルシファル)』を挙げている評論も多いが、
ぼくはどちらもプログレとは感じない。
ブラジルのサグラドとかスウェーデンのムーン・サファリを
聴いた時にも感じたことだが、
プログレ、あるいはロックと定義する前に”優れた美しい音楽”であるということ。
それをイ・プーの音楽にも感じる。

d0181930_12264487.jpg


そんな思い入れの強いイ・プーであるが、
長い間LPもCDも持ってなかった・・・(^_^;)
高校の時録ったカセットをずっと聴いていたのである。
ようやく数年前にCDを購入、再び懐かしい音に出会った。

CDを聴いてみて、あらためて、
当時のNHKFMはアルバムとまったく同じ曲順で放送したんだ!ということに気づく。
ただ一点を除いて・・・。

ラスト10曲目。フェイド・アウトで終わると思っていた
(カセット=放送ではそうなってる)が、
続きがあったのね(-_-;)・・・・オンエアの都合でカットしたのね。
30年ぶりに解ったよ。フェイド・アウト・・・なんか変な終わり方だったもんね。
このラスト曲は曲想がいろいろ変化し、ある意味一番プログレというか、
クラシカルな雰囲気のある曲である。
この後奏にオーケストラ曲がくっついて
映画のエンドロールのようにアルバムは終わる・・・。

この構成からすると、アルバム一枚が一つの組曲と言えるかもしれない。
本当に聴きごたえ充分のアルバムだ。

その後、他のCDも買ったけど、ぼくにとってはなんといっても『ロマン組曲』である。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-09 19:24 | プログレ名盤 | Comments(0)


<< NHKFM『プログレ三昧、再び』      画集『Close Encoun... >>