「ほっ」と。キャンペーン
プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
カテゴリ:日々の生活( 22 )

2010年 11月 05日
モンスター現る!
先日車に乗り込んでフロントガラスを見て「おっ!」。

d0181930_1257402.jpg


”かまきり”じゃん
(写真で見ると、遠近感がわかんなくて、まるで巨大モンスターだね)。

車動かせば飛んでっちゃうかな~と思いエンジンかけるも、そのまま車の一等席に鎮座したままのかまきり様。
“なら、一緒にドライブでもするかあ”とちょいとそこいらを回る。
運転の合間にそのお客さんを見てみると、
かまきりは、思いのほか風がきつく“ヤバッ・・・”と思いながら、
本人なりにいろいろ考え、落ちないように体勢を変えながら車に乗ってる(ように見える)。
その真剣な様子が、けっこうカワイイ。

用事で車を停め、戻ってきてもまだその一等席に座って、ぼくを出迎えてくれた。

d0181930_12575520.jpg




”そこまで車に乗りたいのか”とちょっと嬉しい気分になる。
再度エンジンをかけ、フロントガラスに目をやると、

”あれれ”

以外なほどあっさりと飛んでいったよ・・・。
[PR]

by gwingermau2 | 2010-11-05 12:59 | 日々の生活 | Comments(0)
2010年 08月 16日
NHK名古屋放送児童劇団公演2010
d0181930_12493595.jpg

先週のことですが、NHK名古屋児童劇団の公演が、あいち芸術文化センター大ホールで2日間行なわれ、観に行ってきました。

演目は『里見八犬伝』。

姪がこの劇団員で、今回、悪役の女ボスで妖怪”玉梓”という言わば裏主役だったので、
いつもより楽しく観ることができました。

ところで、通称”児劇”と呼ばれるこの劇団とマウマウにはとても深い関係があるんです。

マウマウがプログレの道に迷い、活動が滞っていた時期、
1987年から2003年まで、マウマウは、この公演の作曲(井上銀河)と生演奏(MAU2)の仕事をやっていました(1stのライナーにも少し書いてありますね)。

この児劇公演は、演じる子供たちはプロではないのです(プロ並みの子も結構います)が、
周りのスタッフは皆バリバリのプロ、会場も一流、お金をかけた超豪華なセット群、
テレビ放映もされるというものすごいイベントなのです。

席に着き、芝居を観ながら、ふと、
子供達やスタッフの方々との楽しかった思い出、
いつも時間が無く作曲作業がすごく大変だったなあという記憶、
スタッフとして関わりがなくなってちょっと寂しいなあという気持ち・・・・
いろいろな思いが湧き上がってきました。

そして、
”児劇”の公演を観るのもこれが最後かもしれないなあ・・・
と一人、しみじみとした思いを胸に、会場を後にしました。
[PR]

by gwingermau2 | 2010-08-16 12:59 | 日々の生活 | Comments(0)