「ほっ」と。キャンペーン
プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
カテゴリ:プログレ名盤( 5 )

2011年 09月 09日
プログレ名盤vol.4・・・イ・プー『ロマン組曲』
d0181930_12254427.jpg


『 Un po' del nostro tempo miglione(ロマン組曲)』(1975)

昨日のブログにちょっと書いたけど、毛利氏繋がりで今日はイ・プーの紹介である。

何の予備知識もなく、10代のある日(1976年頃?)、
NHKFMから流れてくる音楽を聴いた。
今思えば場違いのように昼12時(!)からの一時間番組で、
その週はユーロ・ロック系の特集をやっていたらしく、
プログレ系かも?と思ってカセットに録音しつつ
(いわゆるエア・チェックというやつである)、
このイ・プーの6thアルバム『ロマン組曲』を初めて聴いた。

(でもそんな昼間っぱらから、なんで聴けたんだろ?高校生だったのにねえ。
テスト期間だったっけ?・・・・まったく記憶がないが、まあいい)

一曲目から映画音楽を思わせるオーケストラの入った悠揚なインスト曲。

このアルバムは、旧A面B面の冒頭各1曲目にインスト曲があり、
その調べに乗って、
イ・プーのスウィートな幻想世界に入っていくという構成のようだ。

2曲目で、はじめてヴォーカルが登場するが、その声を聴いた瞬間、
”おお!イタリア~!、地中海~!”と、叫んでしまいたいくらい
(ちょっと大げさか(^_^;))、
異国ヨーロッパ、イタリアの森へ迷い込んでいく・・・。

どの曲も演奏がすごいというわけではない。
もちろんソロの応酬なんてない。激しくもない。
でも心を揺さぶるメロディがあり、歌がある。それだけで充分。
メロディは全て美しく、歌はどれも切なく、優しい。

このアルバムには、ほとんど全ての曲にオーケストラが入っている。
役割分担として、キーボードはピアノとチェンバロの演奏にほぼ特化しており、
バンド全体の音も非常にシンプルである。
そして4人の演奏に加わる厚みのあるオーケストラがスケールを広げ、
夢見るような壮大なサウンドに仕上げている。
誰がオーケストラ・アレンジをしているのかは知らないが、
クラシック音楽にかなり精通した人のワザである。

さて、イ・プーのプログレ期のアルバムとして、
当アルバムと『PARSIFAL(パルシファル)』を挙げている評論も多いが、
ぼくはどちらもプログレとは感じない。
ブラジルのサグラドとかスウェーデンのムーン・サファリを
聴いた時にも感じたことだが、
プログレ、あるいはロックと定義する前に”優れた美しい音楽”であるということ。
それをイ・プーの音楽にも感じる。

d0181930_12264487.jpg


そんな思い入れの強いイ・プーであるが、
長い間LPもCDも持ってなかった・・・(^_^;)
高校の時録ったカセットをずっと聴いていたのである。
ようやく数年前にCDを購入、再び懐かしい音に出会った。

CDを聴いてみて、あらためて、
当時のNHKFMはアルバムとまったく同じ曲順で放送したんだ!ということに気づく。
ただ一点を除いて・・・。

ラスト10曲目。フェイド・アウトで終わると思っていた
(カセット=放送ではそうなってる)が、
続きがあったのね(-_-;)・・・・オンエアの都合でカットしたのね。
30年ぶりに解ったよ。フェイド・アウト・・・なんか変な終わり方だったもんね。
このラスト曲は曲想がいろいろ変化し、ある意味一番プログレというか、
クラシカルな雰囲気のある曲である。
この後奏にオーケストラ曲がくっついて
映画のエンドロールのようにアルバムは終わる・・・。

この構成からすると、アルバム一枚が一つの組曲と言えるかもしれない。
本当に聴きごたえ充分のアルバムだ。

その後、他のCDも買ったけど、ぼくにとってはなんといっても『ロマン組曲』である。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-09 19:24 | プログレ名盤 | Comments(0)
2011年 08月 09日
SONG TO SOUL 『クリムゾン・キングの宮殿』
d0181930_1430541.jpg


BS-TBSの番組『SONG TO SOUL』 で『クリムゾン・キングの宮殿』を見た。

8/7(日)PM11:00からの放送だったのだが、飲酒の影響か思わず寝てしまい(-_-;)
昨日、ようやく録画で見たのだった。

初っ端から、なぜかリック・ウェイクマンが出てきたので、???と思ったが、
このアルバムからプログレッシヴ・ロックが始まったとも言われている
『クリムゾン・キングの宮殿』の重要性や素晴らしさをまず語り、
それに続くフロイドの『狂気』、YESの『こわれもの』&『危機』のプログレ4大アルバムが、
今の音楽にどれだけ影響を与えたか・・・のインタビューが導入部としてまずあった。

番組サイドとしては、ここは本当は御大ロバート・フリップ出てほしかったでしょう、やっぱ。
でも出演断られたんだろな‥‥‥想定内デス。
リック出演も充分有り難いっス。

というわけで、ロバート・フリップの出演こそなかったが、
1stのキーマン、ピート・シンフィールドとイアン・マクドナルドの二人が
インタビューに誠実に応じ、
バンド誕生と『クリムゾン・キングの宮殿』の曲のエピソードを
かなり深く語り、プログレ・ファンならずとも興味深い内容であったと思う。

実際に、
イアン・マクドナルドは曲の細部(あのアルペジオ!や、あのフレーズ!ですぞ(^o^))を
アコギやメロトロン(シンセで代用していたが)で解説を加えながら演奏、
その映像を見て何か曲の秘密に触れたような、そんな気がして妙に興奮・・・。

このアコギのアルペジオをまず最初に作ったとか、
スタジオにたまたまエレキ・チェンバロが置いてあって、それを使った、とか。
そのチェンバロのコード弾きは、今思えば、なくてなならないものだったとか・・・

メロトロンは左右にダビングして、揺らぎ感を出して厚みを出したってこととか、
今じゃそんなにびっくりするテクニックじゃないかもしれないけど、
本人達から聞くとおおお!と感激したりするね。

メロトロンといえば、なぜかイングランド(=70年代に活躍した不遇のプログレバンド、
マニアの間では人気がある)のキーボードの人が出演してて、
直々にメロトロンの解説があり、これもまたマニアにはたまらない。

元々『クリムゾン・キングの宮殿』は、
ピートが作詞作曲したボブ・ディラン調のフォークソングを、
イアンが詞だけそのままで、曲だけ作り替えたって事実も面白かったなあ。

それにしても番組最後にあらためて曲をフルで聴き、
まずその音楽が素晴らしいっていう当たり前の事実を再認識した次第である。

チャンスがあればMAU2のメンバーにも是非見せたいなあ。
ブルーレイに焼いて永久保存版にしよっと。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-08-09 19:29 | プログレ名盤 | Comments(0)
2011年 03月 04日
プログレ名盤vol.3・・・EL&P 『展覧会の絵』
d0181930_1254121.jpg


1971年リリースの『 Pictures At An EXhibition (展覧会の絵)』。
これは、ぼくがプログレに出会った最初のアルバムである。

洋楽を聴き始めた中学生時代、とある受験雑誌の”今年来日する海外アーティスト”という特集記事に目が止まった。

”EMERSON,LAKE & PALMER”

「エマーソン?レイ・・・ク?・・・・・・何? なんだか長い名前だ・・・覚えられない・・・(-_-;)」。

こんな記事が添えられていた。
”チャイコフスキーが現代に生きていたら、きっとこんな音楽を創っていただろう・・・”

この文面に猛烈に惹かれたんだなあ、自分。ビビビときた。「どんな音楽なんだ?」
プログレはおろか洋楽自体それほど知らないその中学生は、その音楽がどうしても聴いてみたくて、すぐレコード屋に走った。
EI&Pの何枚かのアルバムを前にずいぶん迷った挙句、手に取ったのがこの『展覧会の絵』だ。

この『展覧会の絵』という曲は、元々ロシアの作曲家ムソルグスキーの手によるピアノ組曲だが、その組曲にEL&Pが何曲かオリジナル曲を足し、3人だけでライブ録音したものである。
キースのシンセとハモンドが火を噴くごとく吠え、原曲のオケ版を知らなければ、まるでオリジナルと信じてしまいそうなほど、自分たちのものにしたやりたい放題の演奏なのだ。

ラストの「キエフの大門」の途中での爆裂したノイズ音がどうやって出されているのか?、初めて聴いた時は見当もつかなかった。

後年映像で初めてわかりました・・・凄い・・・思いつかないよ、あんなこと・・・。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-03-04 12:55 | プログレ名盤 | Comments(0)
2010年 08月 06日
プログレ名盤vol.2・・・キャメル『スノーグース』
d0181930_19175842.jpg


プログレの人気バンドであるキャメル、歌も歌えるバンドなのに
あえてインストだけで作った『スノーグース』は不思議なアルバムである。

キャメルのこのアルバムをプログレとジャンル分けするのは適当でないかもしれない。

確かに有名な物語をコンセプトの下敷きにし、全曲ノンストップ構成、インスト・・・とくれば、
プログレの気配が感じられるのは無理もない。
ましてや他のアルバムではプログレ的な音楽を演奏してるバンドである。

リリカルで優しく美しいメロディを淡々と演奏していく。
本当に淡々と。
超絶技巧や激しい楽器同士のぶつかり合いはない。
オーケストラの楽器が入るものの、アレンジが複雑というほどではない。

歌のない歌謡曲?

最初の印象はそれだ。

「この音は、歌のない歌謡曲とどう違うんだ?」

ぼくは考えた。
これはプログレなのか?そもそもロックなのか?
イージーリスニングか?劇伴音楽なのか?

そう!もはやジャンル分けは意味がない。

キャメルのメンバーもこの音にたどり着くまで相当悩んだんじゃないか?

ちょっと難しいことやったほうが、いいんちゃう? とか
もっと仰々しくやったほうが、それっぽいんじゃない? とか・・・
でもこのシンプルな、出たまま音にしましたというピュア感を大事にした音。
その音をレコーディングした。

これはこれで勇気いるよなあ。

でも当時のロックファンは理解した。かなり売れたんだなあ、このアルバム。

この牧歌的な優しさと英国紳士の渋さを備えた『スノーグース』。

そんな音楽に対して、でもなんでこのジャケット、イラストレーションなんだろうね。
悪くはないけど・・・。

もちょっと絵本的な柔らかさがあってもいいのと違う?
スノーグースがちょっとメタリック的ですよ、このイラスト。
アンソニー・フィリップス『ザ・ギース・アンド・ザ・ゴースト』のジャケのようでもよくない?

いろいろな疑問をぼくは抱き、でもこの奇跡的なアルバムを夏の朝、車を走らせながら聴く。

そんなことを書いていて、
ふとポール・ギャリコの寓話『スノーグース』に触れないのはマズイんじゃない!ということで、
まったく知らないので、この作品ってどんな内容なの?ってPCで検索。

「な~るほど、そんな話かあ。絵本版があるんだ・・・・表紙の絵、気になるなあ・・・・
いい絵だ・・・・・なんか見たことあるぞ
・・・・・・あれっ?・・・・・持ってたりして・・・・・持ってるわ、この絵本・・・・」

d0181930_19182498.jpg
持ってました。この絵本。でも忘れてました・・・(^_^;)
そういえば、買ったはいいけど、ずっと読んでなかったぞい。

今週末読んでみよっと。
[PR]

by gwingermau2 | 2010-08-06 19:25 | プログレ名盤 | Comments(0)
2010年 08月 05日
プログレ名盤vol.1・・・PFM 『クック』
d0181930_12485463.jpg
10代の時小遣いも少なく、ほしいレコード全てを購入することなどできず、
考えに考えて選んで買っていた。
よってその選に洩れた名盤は数知れず。
また当時の乏しい情報量では知りえなかった名盤も数知れず・・・。

ところが最近のネットによる情報量はものすごいですね。
プログレ関連のサイトや本などで、いろいろな情報を知ることができるようになった。
そして今まで入らなかったプログレ名盤が簡単に手に入るようになった。

そんなわけでプログレファンを自認し、プログレの曲を作っている自分ではありますが、
実はそれほどプログレを知ってるわけではなく、
ならばここらあたりで少しずつプログレの名盤と言われているものを
少しずつ聴いてってやろうじゃないのと思ったわけ。

そんなわけでファースト・コンタクト・プログレ名盤と銘打って、
時々そんな自分が購入したアルバムを紹介していきたいと思います。
もちろんそれぞれのアルバムは既にいろいろな解説や批評がされているので、
別の視点で勝手な思いを書いていこうかな。

初回はPFM『クック』。
74年の北米でのライブを収めたアルバムである。

一曲目『原始への回帰』のキレ具合と言ったらなんと表現したらいいのだろう。
怒涛のリズムが大きなグルーヴになってメンバーが一つの音の塊になって突進する様は、
類を見ないほど見事だ!
2曲目はうってかわってイタリアの風が香る静かな曲、渋い!
地中海の香りがするムッシーダのソロに導かれて始まる3曲目『JUST LOOK AWAY』、
優しくてとてもいい曲だ。 剛と柔、バンドの音楽性の幅の広さを見せ付ける・・・。
4曲目はこのCDの中でもハイライトの一つ『セレブレイション』で
曲のラストに『甦る世界』に繋がるという黄金リレーだ。こりゃ、その場にいたら熱狂だよね。
バンドもドライブ感バリバリ全開モードで、やってるメンバーもさぞ楽しかったことだろう。

8年ほど前(?)、奇跡の来日を果たした時、
大阪のブルーノートでMAU2の西口&敏ちゃんと見たけど、
これほどの圧倒感は感じなかったなあ。感激はしたけどね。
やはり20代と若く、全盛期のパワーがなせるわざか。このCDの中の演奏はそれほどすごい。

キーボードはハモンド、モーグ、メロトロン、エレピとフル装備。
プレモーリはやはりうまいなあ!クラシックの基礎ができてるからか運指きちっとしてて、
どんなに速くなっても乱れません!っていうような安定感。
ちょっとモーグがフィルター開け気味ではっきりくっきり、オン気味なのが気にかかるが、
憎いところに入るわメロトロン。

多感な10代にこのアルバムに出会っていたら、ぼくの音楽性ももっと変わってただろうな。
MAU2のサウンドにも影響を与えたに違いない。

40代の最後にちゃんと聴けただけでもありがたく思います。
[PR]

by gwingermau2 | 2010-08-05 12:58 | プログレ名盤 | Comments(0)