「ほっ」と。キャンペーン
プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
<   2011年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 22日
台風一過
d0181930_1245817.jpg

列島各地に猛威を 振るった台風15号。

爪跡は、我が家にも・・・。
日進市は大丈夫だと思っていたが、やはり油断大敵。
庭のエゴノキの木が一本根元から折れた。

株立ちの樹形がとても美しく、気に入っていたエゴノキだったが、

d0181930_1253597.jpg

結構風が吹いたんだなあ。
でも、被害がこれだけならマシな方か。

台風の被害、全国で死者9人、行方不明8人とのこと。
今年は特に自然の猛威に敏感になる・・・。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-22 12:07 | 日々の生活 | Comments(0)
2011年 09月 21日
台風15号の影響で名古屋が
d0181930_1233106.jpg

大変である。

台風15号の影響で、名古屋市内の庄内川、天白川が氾濫する恐れがあるとのことで、
昨日一時的には100万人以上の人に避難勧告が出された。

ぼく自身は、日進市在住なので自宅は心配ないが、
普段仕事をしている所が名古屋市守山区で、
同じ区内の下志段味地区で川が氾濫し、
市民が避難しているというニュースは他人事ではない。

実家は庄内川の近く(西区)なので、心配で電話をかけてみる。
母親が出て、消防団が避難勧告の呼びかけを車でおこなっているが、
この辺は大丈夫だから避難はしていないとのこと。
心配だが、とりあえず”なにかあったら連絡入れてね”と電話を切る。

MAU2のタカニィ星野も天白川の近くに住んでいたよなあ、と気づき、
メールを入れてみる。
返事がきて“大丈夫!”とのこと。一安心。

先程ヤフー・ニュースで名古屋の避難勧告が解除されたとのことだ。
でも、今日の昼過ぎに台風15号は名古屋最接近なんだよな。

何もないことを祈ろう。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-21 12:37 | 日々の生活 | Comments(0)
2011年 09月 19日
小田和正ツアー2011ナゴヤドーム
d0181930_13473822.jpg

9/17(土)、ナゴヤドームでおこなわれた小田和正のライヴに行ってきた。

ところで、JPOPのライブに行くのって何十年ぶりなんだろ?
(多分20年以上ぶり・・・(~_~;)
ナゴヤドームへはクィーン、ストーンズに続く3回目。

それにしても、小田和正は凄い、凄すぎる!
スタートからドーム内を走りに走り、手を振り、歌いまくる。
しまいには自転車をこいで会場を一周する。すごいサービス精神。
見かけは割とひ弱そうに見えるが、なんのなんの!
60歳を超えて、あのパワー、あの声量。

さすがは選ばれし人、歌の説得力はもちろん、全てが違う。

そんな中、ドームの音響の悪さからくるアクシデントもあった。

2曲目『ラブ・ストーリーは突然に』のAメロで、
バンドから遠方に離れて走りながら歌っていた小田和正が、
ふとした拍子に一小節先に歌っていってしまい、
小田本人知らぬまま、バックとちょうど一小節ずれて進行しだしたのだ。
どうなるか?とハラハラしたが、
サビ前のサックスのリフで
多分ズレを小田にわからせるため、
サックス奏者がはっきり吹いたように思うが、
小田はタイミングを修正し、サビからジャスト・タイミングで歌い上げ、
事なきを得た。

やはり耳のモニターだけでは、ドームの大音量と反響音の返りで、
バンドの音が確認しにくく、さそかし歌い辛かったのだろう。

そんな決して音響がいいとはいえない(反響音がすごい)中でも
一度も音程を外すことなく、3時間近く歌った後でも声がかすれることなく、
アンコール2回目の『YES YES YES』のあの高音も難なく出してしまう・・・。

オフコース時代の曲やヒット曲を惜しげもなく、次から次へと披露。
もちろん『言葉にできない』も!だ(これはピアノ弾き語り)。

改めて偉大なヴォーカリストの歌のすごさを実感。
満足度120%のライヴだった。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-19 14:22 | 音楽 | Comments(0)
2011年 09月 13日
NHKFM『プログレ三昧、再び』
d0181930_12431851.jpg


快挙!と思わず拍手喝采したあの長時間番組が帰ってきた!

思えば、昨年8/8正午過ぎ、ドキドキしながら番組の始まりを待った・・・。
あの小鳥のさえずりと共に記念すべき一曲目YESの『危機』が流れると、
「やったー!」と(何がやったかはよくわからんが)、雄叫びをあげたことを思い出す。

それにしてもいろんな曲がかかったけど、
プログレの長~い曲々が、公共電波にのって聴こえてくるなんて、
ある意味奇跡だよね?なんか不思議な体験だったなあ。

また、日本のミュージシャンによるクリムゾンの1stの完コピ生演奏もなかなか良かった。

そしてミスターシリウスを知ったのもこの番組である。
この番組の後、即ミスターシリウスの2nd『DIRGE』を購入。
まさしくJプログレの頂点に立つアルバムである。

d0181930_12433399.jpg



そんなこんなで今秋再登場である。

◆2011年10月10日(祝) 午後0:15~10:45
◆NHKFM 『プログレ三昧、再び』
(あやしげなロゴはもちろんアレをゆるくしたものである)
http://www.nhk.or.jp/zanmai/next/20111010progressive/index.html

◆ナビゲーター・・・山田五郎 森田美由紀アナ
◆ゲスト・・・・・・・・・岩本晃市郎 宮武和広

あの森田アナってTVでよく見かけるけど、かなりのプログレ・ファンなんだね。
親近感がわくなあ・・・。
ゲストの宮武氏は、前出のミスターシリウスのリーダー(今は傘屋さんです)。

楽しみです(^^♪
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-13 12:56 | プログレ | Comments(0)
2011年 09月 09日
プログレ名盤vol.4・・・イ・プー『ロマン組曲』
d0181930_12254427.jpg


『 Un po' del nostro tempo miglione(ロマン組曲)』(1975)

昨日のブログにちょっと書いたけど、毛利氏繋がりで今日はイ・プーの紹介である。

何の予備知識もなく、10代のある日(1976年頃?)、
NHKFMから流れてくる音楽を聴いた。
今思えば場違いのように昼12時(!)からの一時間番組で、
その週はユーロ・ロック系の特集をやっていたらしく、
プログレ系かも?と思ってカセットに録音しつつ
(いわゆるエア・チェックというやつである)、
このイ・プーの6thアルバム『ロマン組曲』を初めて聴いた。

(でもそんな昼間っぱらから、なんで聴けたんだろ?高校生だったのにねえ。
テスト期間だったっけ?・・・・まったく記憶がないが、まあいい)

一曲目から映画音楽を思わせるオーケストラの入った悠揚なインスト曲。

このアルバムは、旧A面B面の冒頭各1曲目にインスト曲があり、
その調べに乗って、
イ・プーのスウィートな幻想世界に入っていくという構成のようだ。

2曲目で、はじめてヴォーカルが登場するが、その声を聴いた瞬間、
”おお!イタリア~!、地中海~!”と、叫んでしまいたいくらい
(ちょっと大げさか(^_^;))、
異国ヨーロッパ、イタリアの森へ迷い込んでいく・・・。

どの曲も演奏がすごいというわけではない。
もちろんソロの応酬なんてない。激しくもない。
でも心を揺さぶるメロディがあり、歌がある。それだけで充分。
メロディは全て美しく、歌はどれも切なく、優しい。

このアルバムには、ほとんど全ての曲にオーケストラが入っている。
役割分担として、キーボードはピアノとチェンバロの演奏にほぼ特化しており、
バンド全体の音も非常にシンプルである。
そして4人の演奏に加わる厚みのあるオーケストラがスケールを広げ、
夢見るような壮大なサウンドに仕上げている。
誰がオーケストラ・アレンジをしているのかは知らないが、
クラシック音楽にかなり精通した人のワザである。

さて、イ・プーのプログレ期のアルバムとして、
当アルバムと『PARSIFAL(パルシファル)』を挙げている評論も多いが、
ぼくはどちらもプログレとは感じない。
ブラジルのサグラドとかスウェーデンのムーン・サファリを
聴いた時にも感じたことだが、
プログレ、あるいはロックと定義する前に”優れた美しい音楽”であるということ。
それをイ・プーの音楽にも感じる。

d0181930_12264487.jpg


そんな思い入れの強いイ・プーであるが、
長い間LPもCDも持ってなかった・・・(^_^;)
高校の時録ったカセットをずっと聴いていたのである。
ようやく数年前にCDを購入、再び懐かしい音に出会った。

CDを聴いてみて、あらためて、
当時のNHKFMはアルバムとまったく同じ曲順で放送したんだ!ということに気づく。
ただ一点を除いて・・・。

ラスト10曲目。フェイド・アウトで終わると思っていた
(カセット=放送ではそうなってる)が、
続きがあったのね(-_-;)・・・・オンエアの都合でカットしたのね。
30年ぶりに解ったよ。フェイド・アウト・・・なんか変な終わり方だったもんね。
このラスト曲は曲想がいろいろ変化し、ある意味一番プログレというか、
クラシカルな雰囲気のある曲である。
この後奏にオーケストラ曲がくっついて
映画のエンドロールのようにアルバムは終わる・・・。

この構成からすると、アルバム一枚が一つの組曲と言えるかもしれない。
本当に聴きごたえ充分のアルバムだ。

その後、他のCDも買ったけど、ぼくにとってはなんといっても『ロマン組曲』である。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-09 19:24 | プログレ名盤 | Comments(0)
2011年 09月 08日
画集『Close Encounters 2011 (毛利孝夫)』
d0181930_1438552.jpg

CGの画集である。
パソコン関連の本も執筆される毛利氏の初作品集である。

彼を知ったのは、彼のブログ『THRakaTTak』。
 http://magic-prog-papa.blogspot.com/

氏がプログレ評論をブログに書かれていて、
たまたまそれを読んだのが彼を知るきっかけとなった。
イ・プー(イタリアの国民的バンド)の初体験に相通じるものがあってメールを送り、
数度メールでのやり取りがある。

※ ブログとは別にプログレの名作を集めた”プログガイド100”も必見である。
 http://www.bekkoame.ne.jp/~mohri/index.html

さて画集である。

沈黙したクールな空間。
いや、かすかに聴こえるデジタル・シンセの包みこむようなパッド音が似合いそうな風景。
SE的なシーケンス音も聴こえてきそうだ・・・。

マチエールがほとんど無く、ツルンとした画風で、
CG的、あるいは写真的と言ってしまえばそれまでだが、
そこに展開される不可思議な空間は、見る者のイマジネーションを強く掻き立てる。
とにかく構図が素晴らしい。奥行きを感じる。そして物語を想像させる。

この画集の中で、ぼくは『決断の時(2011)』が特に好きである。

d0181930_1439508.jpg


全体的に薄暗いトーンの中、廃墟と思われる場所に男が一人。
微かな光が当たっている。男は宙に浮いた惑星を見ているのか?
惑星はラピュタのようにも見え、そこには塔が建っている。
男は昔そこに住んでいたのかもしれない・・・。
それとも誰かを待っているのか?

画面の中でちょっと気になるのは、惑星と男の間にある石柱の門に覗く青空のトーン・・・。
ここだけバックとの関連性が無く、データ処理を誤っているようにも思える・・・。
映像的には惑星にバックライトを当てて、男と惑星を少し強調し、
他は暗いトーンでまとめる手もあったようにも思う。
ただ作家的には意味があるのかもしれない・・・。
切り取られた青空はその男の希望の証か?

他にもいろいろ気に入った絵はあるが、
全体的なイメージやトーンは統一されていて、いずれも力作である。
個人的意見としては、プログレ・バンドのジャケット・イラストレーションにもぴったりに思える。
これからリリースを考えているバンドの方、
毛利氏にコンタクトをとってジャケットに使用する手はあると思う。

ちょうど現在、東京で個展開催中である。興味の有る方は是非!(無料)

■ 個展 「Close Encounters 2001 幻想絵画展」 ■
  
  期間:9/5(月)〜/18(日)
  時間:11:00〜17:00
  場所:グリーンプラザ新宿 B1ギャラリー
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-08 18:30 | アート | Comments(0)
2011年 09月 07日
空が高いわあ!
d0181930_12314085.jpg

9月に入ってこのところの朝晩の涼しさといったら!

季節は移っていくんだね・・・。

東日本大震災や今回の台風など今年の自然災害のひどさは半端ではなく、
自然の猛威に対する人間の小ささや無力感を感じないわけにはいかない今日この頃だけど、
今朝の青空だけは、何の迷いもなく、”わーい!”と言いたい気分。

朝起きて朝食を食べた後、シャワーを浴びて、
庭の花や樹木に水をやる時が清々しくて、一日の中で一番好きな時間だ。

と書くと、進んで水をやっているように聞こえるが、ホントはそうでもなく(^_^;)、
「今日雨降るかなあ?降るなら水やんなくてもいいんだけどな・・・」
と、歯切れが悪い自分・・・。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-07 12:35 | 日々の生活 | Comments(0)
2011年 09月 03日
マウマウ飲み会
d0181930_11561246.jpg

d0181930_11564853.jpg


昨夜、久々バンドの飲み会があった。

カイドー(西口)が、熊本出張の帰りに名古屋に寄るとの連絡が入って、
なら是非会おう!ということになり、
台風が接近してるのをいとわず急遽召集をかけ、
カイドー、ミッキー(高嶋)、ぼくギンガの三人が名古屋駅に集まった
(タカニィ星野は所用で不参加)。

カイドーに会うのは、確かGWにギター録りをして以来だから4ヶ月ぶりだ。
まずは東京に引越し後の近況報告やらいろいろ、ビール片手に聞く。

<ざる豆腐がうまい。ほっけも油が乗ってて言うことない。大あさりも最高だ・・・(画像はない、スマン)>

まだいろいろ引越しの荷物が片付かないらしく、ギターを持つ時間もなかなかとれないようだ。
しばらくして話は自然とMAU2のレコーディングやら今後の活動について・・・。
これまでの収録分の感想やら意見を交わし、遅れ気味のギター録りの話にも。

<酒も自然と芋焼酎のボトルに代わって、飲む飲む・・・>

皆、レコーディングについてはやる気充分だし(その割には牛歩ですが・・・スマン)、
考えも一致してるので、MAU2の結束は変わりなく固い。いいぞ!
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-03 11:59 | 飲み会 | Comments(2)
2011年 09月 01日
8/25 RADIX NAGOYA LOVEHUNTER
d0181930_12474558.jpg


先日、GONZのTosh氏の参加するNAGOYA LOVEHUMTERのライブに行ってきた。

メンバーはTosh氏を筆頭に、
キーボード松井”まっちゃん”氏(from BLINDMAN)ら名古屋を代表する面々に、
ヴォーカルが広島から参戦のド迫力千田氏( from DEAD EYED SPIDER)の5人。
ホワイトスネイクの曲をヴィンテージ感たっぷりに、堂々のヘヴィ・ロックを聴かせてくれた。

特にリズム隊が素晴らしく、強力でうねるようなグルーブ感には
”ロックってやっぱこうでなくっちゃねえ”って。
またヴォーカルもプログレ関係ではなかなか見られない、存在感、声量、パフォーマンス。
久しぶりに本物のロックを聴いた・・・。脱帽。

ただ、会場がRADIXで、普段クラブ系のハコだからか、
ギターとキーボードがあまりよく聴こえてこなかった・・・。
音圧はすごく感じるのだが、フレーズが鮮明に聴こえなかったのは残念であった。
特に、キーボード側に陣取り、
”松井”まっちゃん”氏のプレイを堪能するぞ!”と意気込んでいたぼくにとっては、ね。
[PR]

by gwingermau2 | 2011-09-01 12:56 | ライブ | Comments(0)