プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2012年 10月 29日
MAU2ミーティングとタカニィのライブ

昨日はカイドー(西口)が久々東京から名古屋へやってきて、
ミッキー(高嶋)、ぼくギンガ(井上)の3人で、ギンガ宅にてまじめなミーティング。
残りのメンバータカニィ(星野)は、
マウマウとは別に活動してるバンドのライブ本番当日ということで、
残念ながら欠席(なかなか全員が揃うことは少ない)。

ミーティングの議題はもちろん2ndのMIXについて。
実際にステレオで仮MIXの音を再生しながら、
いろいろ意見を出し合っていく。

まずは各楽器のバランス。
カイドー、ギンガ、Gt、Kbの立場からはもちろん、
客観的見地より、MIX担当のミッキーに注文を出す。
仮MIXの段階なので、まだ細かい所は置いといて、
大まかな方向性を三人で模索する・・・
ヘイヘイホ~♪ といった感じである  (わけない!)。

それから、いままでに録ってきた各楽器の音、
具体的には、アンプにマイクを立てて録った空気感のあるギターの音と
ライン入力のキーボードのデジタルちっくな音の違和感をどうにかしたいという問題、
ヘッドフォン使用時に聴こえるMIXの音と
スピーカーを通して聴くMIXの音の印象の違いをどうしたらいいか、
どっちを重視したら良いか?、
ベードラ、ベースの存在感をどう上げるか、とか等々・・・、
いろいろ話し合われ、実際にPCでの修正作業へ反映させていく。

作業が4時間ほど経ち、
時間が合えば、タカニィのライブに参戦しようかと思ってたところ、
タカニィ・バンドの出演時間が17:20からとメールがあり、
それなら行けるとのことで、切りの良いところでミーティングを終了させ、
三人タクシーに乗って平針まで。

平針のメモリーポップに入るとちょうどタカニィ・バンドの演奏で、
グッド・タイミング!

d0181930_12481192.jpg


以前ブログで紹介したあのウッド・スネアを”バシッツ!バシッツ!”と決めながらの演奏。
MAU2時とは違って、変拍子もなく曲もやたら長くもなく^_^;聴きやすい、
クラプトンの曲を、リラックスした様子で楽しそうにたたいてる。

メンバーの演奏を客観的に観ることって案外少ないので、
「タカニィって、パワフルでかっこいいじゃん!」
と新鮮な思いを抱いた夜となった。


その後は三人もちろんそのまま帰るわけもなく、
居酒屋での酒盛りになったことは言うまでもない・・・・
[PR]

by gwingermau2 | 2012-10-29 18:20 | 2ndレコーディング
2012年 10月 25日
あいかわらずVo録り3
d0181930_18204179.jpg


いままで使っていたスタジオが、
取り壊し(改装?)になってしまって^_^;、
今回のレコーディングは、ここJzスタジオだ。

ここのスタジオは、
室内は、機材が豊富で広さも充分、綺麗ときて、
作業をするにはとてもいい環境。
家からも近いし(車で10分で来れた!)。

先回は『深海の月錆』と『アナザー・ヘヴン』の2曲で、
ミッキー(高嶋)の歌入れをおこなったものの、
歌いこみが足りずなんとなく調子がイマイチで、
時間が足りなかったこともあり、
再度のレコーディングとなった。

◆『深海の月錆』

静かな導入なので、歌い出しがなかなか難しい。
ミッキー、マイクの特性を考慮し、
いろいろ歌い方を変え、録っていく。

すると、テイクごと、違った問題点が見えてくる。
このテイクは、音程はいいけど声の伸びがちょっと悪い、とか、
このテイクは、気持ちは入っているけど、ロングトーンがよくない、とか・・・。
10テイク以上録っただろうか。
抑え気味に歌うのが、良さそうということで、その線で再度トライ。

それにしても歌録りは難しい。
微妙な歌いまわし&声のニュアンスの違いで、
世界観が全然違ってくる・・・。OKテイクの判断に迷う・・・。

いろいろ煮詰まりつつ、次へと作業は続く・・・。

そうこうしつつ、取りあえず主旋律は終了。
さあ、次はハモリだ!
ハモリはミッキーの得意な作業なので、
ここでミッキーの顔がパッと明るくなる。


◆『アナザー・ヘヴン』

スタジオの残り時間1時間半くらい。
フルに歌を録り直す時間もないので、
まずヴォコーダーで歌う部分を実験的に録ることにする。

”ヴォコーダー”とは、キーボードにマイクが付いてて、
そのマイクに歌いながらキーボードを弾くと、
キーボードが歌ってるように聴こえるシンセです、知ってるよね?
スティックスの「♪~ドモ・アリガト ミスタロボット~♪」が超有名だよね。

ボク自身が歌いながら弾けば、話が早いんだけど、
歌詞を間違えず歌って、キーボードを弾くのが出来なくて、
ミッキーが歌、ぼくが弾くという分業制で録ることに。

ミッキーはヴォコーダーが初めてなので、
やはり興味津々。楽しそうである。
いろいろ音色チェックをし、当初予定していなかった音色をセレクト。
ヴォコーダーでの歌も、いろいろ試行錯誤の末、
音程は付けず(キーボードが音程弾いてくれるからね)、
お経風に滑舌良く歌うことがベストだとわかる。

やり方がわかって早速リハ。
ボクの弾いてる目の前で、
ミッキーがお経を唱えるように歌う様(しかも嬉しそうな顔)に
思わず吹き出してしまう・・・「ハハッハ~~(゜o゜)」。

でも時間がないので、笑いをこらえ、
心の無い機械人間になりきって、
さっさと2テイクくらいずつ録ってクリア。

残りの時間でアナヘヴ後半の歌サビのハモリを録ることに。

「この歌詞を3度上あたりでハモってみて」
と、ボクがリクエストを出せば、
ミッキーは、「♪あ~あ~あ~♪」とちょっと音を探って、
すぐハモリの旋律を即興で作っていく。
ハモリ職人だ(できればスシ職人のほうが嬉しいが)。
で、すぐ試し録り。
「うん、いいよ。問題ない」
ということで、こちらはすぐOKが出る。
で本番。

ハモリパートがいい感じで、
ミッキーもどんどんノッてくる。

実際、ミッキーの歌は、2声でハイトーンを重ねると、
見違えるほどツヤツヤとしてきて、気持ちいい。
男性には限界ラインの高音のハモリ部を、
「一回しか声出ないから一発勝負で」といいながらキメていく。

そんなかんじで4時間があっという間に経過し、この日は終了。
時間がなく、次回に持ち越しとなった箇所も多かったが、
いろいろ収穫のあったレコーディングでもあった。

結論!
事前にもっといろいろハモリやコーラスのアイデアを練って、
スタジオでいろいろ実験してみたいなあ、
と思ったリーダー・ギンガであった。
[PR]

by gwingermau2 | 2012-10-25 18:58 | 2ndレコーディング