プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2014年 01月 31日
MIXの白井氏に聞く vol.3(最終回)
d0181930_14134465.jpg

G;なるほど。では、今回アルバムには4曲が収録されてまして、それぞれ難しさはあったと思いますが、各曲について印象とか苦労した点は?

S;そうですね。全体的な話だとまずドラムですごく苦労しました。エディットが荒い部分がありまして(笑)・・・。繋ぎがうまくいってなくてプチッてノイズが入ってたりとか・・・。あとは、ドラムっていろいろなマイクを立てて録るわけですが、例えばスネアの音を録っていてもそれ以外の音が入るじゃないですか。タムやトップ・シンバルなんかも・・・。自分の場合はナチュラルなMIXっていうのははあまりうまくできなくて、良し悪しなんですが、ぼくは”かぶり”を少なくしたいタイプなので、”かぶり”を消していきました。具体的には、ゲートは使わず、ヒット部分以外の余分な波形を切っていっちゃう作業を地道に繰り返していきました。

G;それってものすごい作業でしたよね?

S;そうですね(笑)。『アナザー・ヘヴン』なんかはすごかったですねえ~。『アナザー・ヘヴン』はドラムが2セット分あったんで・・・。まずスネアを・・・。ぼくはスネアの音を加工しちゃう人なんで、スネアに他の音が入ってるとスネアの音自体が変わっちゃって難しいんですよね。で、かぶりの音は全部カッカッと切っていったり・・・。あとは意図的ではない打ち損じ部分とか歪んでる部分は差し替えました。

G;他のパートは?

S;う~~ん、ベースですかね。『アナザーヘヴン』のベースの音創りで心が折れかけてた時(笑)に、西口さんからいろいろお願い事項があって、そのアドバイスの結果、いい音になったんで、それはすごく有難かったですね~(笑)。他、キーボードはいままでのぼくのやり方だと全部聴こえるようにしたかったんですが、ごちゃってしないよう分離をうまく聴かせたいということで結構すっきりさせちゃうんですが、それで苦情こないかなっ?(笑)とか思ってましたが、それは以外に少なかったですね・・・。

G;ギターは同業者としてどうでしたか?

S;やりやすかったです。西口さんの音は確立されてて、ほとんどいじる部分はなかったですね。自分にない音をたくさん弾いていらっしゃったんで、そこをどう出すかっていうことを考えました。西口さんと高嶋さんのプレー・スタイルは違ってて、音も違いますし、高嶋さんのギターをどう出すかっていうことをすごく考えました。

G;埋もれないようにするってことですか?

S;そうですね。どううまくカッコ良くだしていくか、すごく良いフレーズをたくさん弾かれているんで、埋もれず出すぎずって感じをどう出すかってことが苦労しました。どうしても音の勢力争いってことになると、高嶋さんの音だけ浮いてしまって・・・。そこをどうするかと。

G;その辺は白井さんがギタリストだからわかってて、うまくMIXされたかなと。埋もれやすい部分を拾っていただいてるんで、今まで聴こえなかった部分が聴こえるようになったって部分はいろいろありますしね。

S;他、1stを聴いた時に思ったんですが、ヴォーカルが線が細いなあってことでした。でも実際に生のトラックを聴かせてもらった時にはヴォーカルが太くて、そこがすごく出したかったところです。野太くグッとくる感じを聴かせたかったです。

G;わかりました。2ndについて客観的にはどうですか?

S;、客観的にはなれなくなってますね・・・(笑)。我が子のようにっていうか、LOVEがある感じですね。やっぱり、これだけガッツがあって、音楽性もすごく緻密で、いい意味でラフさもあって、そういうのないんじゃないんですかね。いろんなバンド聴かせていただいてますが、そこが強いポイントだと思います。すごく売れてほしいですねえ。

G;ありがとうございます。そうでもないでしょう(そんなに売れないでしょう)けど(笑)、嬉しく思います。

S;なんか悔しいじゃないですか。以前axisの時に田中さんとも話したんですが、こんなにいいもの作ってるのにって昔言ってましたけど、そういうノリですね。で、他のバンドには無いパワーとか、日本のプログレに有りがちなこぢんまりとした音と一線を画すような音に持っていきたくって、うん、それは何とか実現できたかなあ、と思っています。いやもう、聴き応え満点ですよねえ(笑)。お腹いっぱいになってほしいですよね。

G;わかりました。ありがとうございました。最後になりますが、白井さんの今後の音楽活動のご予定があれば、お知らせください。

S;そうですね、レコーディング業にシフトしていけたらいいなあと思っていて、その準備もしつつ・・・

G;レコーディング業っていうのは、今回のように、MIXをしたり、プレーヤーとして楽器を弾いたり、実際のレコーディングに携わるってことですね?

S;ええ。ただまあ、一朝一夕にはできないので、少しずつ起業資金を貯めながら・・・(笑)。ちょっと音楽活動を休んでいたというかモチベーションが上がらず音楽を作るのをやめていた時期があったので、また少しづつ作っていきたいですね。それを表にどう出すかってことはまだ考えてないですけれど、何か作っていきたいです。

G;なるほど。今後は幅広く音楽をやっていきたいということで、できればMAU2との関係もこれで終わりということではなくて今回が始まりとして、カイドー(西口)も白井さんと一緒にギターを弾く機会があればとか言ってましたし、ぼくらMAU2も当然今後アルバムを作り続けたいとの思いもありますので、何かしらジョイントしてやれれば、と思っています。

S;ええ、ぼくの中で沸々と湧いているのは、レコ発ライブのお手伝いをできないかな?と考えています。

G;おお、それはありがたいですね。今回のアルバムに関しては曲の構成も含め全部わかってらっしゃるんで、参加いただければ非常に有り難いですね(笑)。ただいろいろ問題もありますし、じっくり詰めて考えていただいて・・・。もちろん、ぼくらはウェルカムですよ(笑)。それでは、長いインタビューになってしまいましたが、どうもありがとうございました。

S;ありがとうございます。



インタビューを終えた後、MAU2の新譜『ANOTHER HEAVEN』を皆で聴き、ひとしきり感慨にふける・・・気がつけば当たりは真っ暗。ここは富士山も近い山の中。あわてて三島駅まで移動し、MIXの打ち上げ宴会に突入していきました・・・・
[PR]

by gwingermau2 | 2014-01-31 12:57 | 2ndレコーディング
2014年 01月 24日
MIXの白井氏に聞く vol.2
d0181930_13513436.jpg

G;なるほど。さてそんな活動をされていた白井さんに突然MAU2からコンタクトがありまして・・・(笑)。その時はどう思われましたか?また初めてMAU2の1stを聴いてどう思われましたか?

S;伏線といいいますか、ずいぶん遠い前になりますが、自分のブログに銀河さんが書き込みをしてくださって、その時に2ndのMIXをという話がちょっとありまして・・・。実際にはその後ずいぶん時間は経ちましたが、MAU2のホームページなんかを見てて、ああ、そろそろレコーディング終わるんだ、というのを拝見し、MIXはどうされるんだろな?って思っていたら、田中さんから連絡をいただいて、ぼくにとっても(MIXの依頼は)チャレンジだったんで、やらせていただきたいなあ、と。

G;そうですね。まずその辺の経緯をぼくから少し説明させていただきますね。何年か前になりますが、”幻想神秘音楽館”というプログレサイトを主宰されmixiでも知り合いの大関善行氏にaxisの1stを聴かせていただいたことがありました。凄く完成度が高く、特に大曲『 the ehd 』を聴いて、こんな音楽を作るバンドが日本にいたんだ、と驚きました。その後、やはりmixiでaxisのキーボードの田中隆司氏とお近づきになったり、その縁で白井さんのブログを時々見たり、という時期がありました。白井さんのブログは、実際個人的にレコーディングした音源とか、コピー、例えばクィーンのコーラスをお一人で演ったものとか、他音楽に関わるいろいろな話題が綴られており、とても面白かったんです。で、そのブログの中で先程白井さんの言われてるように、”もしそんな機会があれば一度MIXを・・・”みたいなやりとりがありました。ただその時は、可能性として20%くらいかなとも思ってました。実際その頃、プログレ系のMIXをしてくれる人をいろいろ探していましたが、なかなか適任の方に出会えず・・・。でもようやくMAU2の2ndのレコーディングが終了する目処が立ち、さて、ならどうするか?とあらためて考え出した頃、新しくリリースされたaxisの3rdを聴きました。”この音を作った人ならば”と直感し、ならばやはり白井さんにまずコンタクトを取ってみようと思いました。

G;ということで・・・少し話を戻しますね。それまでは他のバンドのMIXとかはされてなかったんですよね?

S;なかったですね。未知数なところもあったんで、MAU2の1stを送っていただいて聴いてみたんですが、なんて言うんですかね~、最初はすごく繊細な音の印象を受けました・・・。

G;繊細な音っていうのはどういうことだったんでしょうか?

S;う~~ん、外向きの音じゃなくって内向きな音というかんじ、ジェネシスの『トリック・オブ・・ザ・テイル』を聴いた時に感じたイメージに近いものがありました。緻密な寄せ木細工を見てるような。でも逆にちまちまっとしちゃうとこがあって、そこは歯がゆい思いをされてるのかなあ、という気がしました。ただ、他のバンドにはない光るところがあって、展開の仕方とかすごくよく作り込まれてる感があって、それが2ndにどう繋がっていくんだろうっていう楽しみがありました。

G;その後にラフMIXを送らせてもらって、実際に白井さんが作業を始められるわけですが、当然MAU2の音楽とaxisの音楽は全然違いますし、アプローチの仕方も同じようにはいかなかったと思うのですが、まず何をされ、どんな苦労がありましたか?

S;そうですね、ある意味、MIXというのは自分が手綱を握るわけじゃないですか。自分が音創り全てに携わるっていう。ですので、どうしたらどういう音になるかな?っていう、そういうところをまず聴いていこうと思いました。で、聴いてて思ったのは、もっと大きい世界、広がる音の感じが出せたらいいなあと。2ndは、1stに比べてものすごくパワフルになっていたのと、生楽器の比重が増えてて、ドラムも全て生録りでしたし、そういうところをうまく表現していけたらいいなあ、音を整理して全ての音が綺麗に聴こえるようにしたいと思いましたね。で、自分の音を作ったときにどんな反応があるんだろうということが知りたくて、まず急ぎ『サンダー・オブ・ザ・ドラゴン』に取り掛かりました。最初は自分のフォーマットで作っていって、その方向性が合ってるのか間違ってるのか、それを聴いてもらって、まあ大枠は外してなかったんだな・・・、という感覚でした。でもやっぱり聴いてもらっていくうち、自分の作り方と皆さんの望む音が若干違うっていうのがわかってきて、少しずつ摺り合わせをしていきました。

G;具体的にはどういう違いがあってどういう修正をされたんですか?

S;自分の中ではまず全部をフラットに聴かせたい、世界を広げたい、というのがあったんですが、フラットに聴かせるというのは迫力に欠ける音というのと背中合わせの部分があるんですね。具体的には中低域の音があんまり出てなくて全体をグッと出すのが好みなんですが、MIXのやり取りの中で、もっと迫力がほしいという話があって、少しづつ低域を上げていくうちにだんだん良いリアクションが得られるようになり、ああ、そういうことかっていうことがわかってきました。その辺は勉強になりましたね。

G;ぼくら自分でよくわかってる欠点の一つなんですが、音を詰め込み過ぎてるってことがあるんですが、そこはMIX時困った点ではなかったですか?

S;それはぼくらのバンドも同じだったんで、さほど気にはならなかったんですが、全部自分で決めるのと、聴いてもらって決めてもらうのでは違うわけで、取捨選択が難しい点でしたね。

G;難しいですね。やはり白井さんの思うベストの音とMAU2が思うベストと思う音がズレたところもあったりして・・・

S;あと、定位の問題で、ぼくはシンメトリーに取っちゃう人なんで、聴いててちょっとつまらないってこともあるのですが、MAU2からいろいろな提案があって・・・。でも最終的にはぼくのやり方も了承していただきまして、そういう意味ではMAU2の柔軟性に助けられました。

G;というかですねえ、ぼくら3人共そうなんですが、最初に白井スタジオで聴いた『サンダー・オブ・ザ・ドラゴン』にはぶっ飛んだわけですよ。もしあの時ぶっ飛ばなかったら逆に難しかったと思うんですけど、うん、これはやっぱり任せるに限ると思ったわけですね。こりゃ凄いって思わせたって意味では、白井さんの作戦勝ちだったですね(笑)。あれがあったからその後スムーズにいったんじゃないかって思ってます。それまでぼくらMAU2の中でもMIXに関してはいろいろ意見が分かれたりするし難しいんですが、あの最初の体験は大きかったですね。

S;確かに、皆さんにない世界をお見せしたいって気持ちはありました。これだけ楽しくなるんだよ、というか、音が小躍りするようなみたいな音に変わるんだというところを聴いていただきたかったし、それがぼくの売りというか、買って下さっている部分だと思ってまして、その辺のところをグッと出してみました。

次回vol.3(全3回)に続く
[PR]

by gwingermau2 | 2014-01-24 12:45 | 2ndレコーディング
2014年 01月 17日
MIXの白井氏に聞く vol.1
d0181930_16241134.jpg

昨年末の12月28日、MIXを引き受けてくださった白井さんのスタジオで、
完成したMAU2の2ndの試聴会の前に、
せっかくの機会だからと、いろいろインタビューをさせてもらっちゃいました。
その内容を3回に分け、ブログに記していきますね。
なかなか興味深い内容ですよ~~。  (G;銀河  S;白井)

------------------------------------------------------------

G;今回MAU2のMIXをお願いした白井昭彦氏は、プログレッシヴ系ロックバンドpresto、axisでの超絶テクニックを誇るギタリストというだけでなく、サウンドクリエーターとして、作曲はもちろん、レコーディング、MIX、プロデュースにいたるまで、全ての音楽制作に才能豊富な方でいらっしゃいます。 本日(2013/12/28) MIXが無事終了いたしまして、せっかくなのでこれまでの苦労話や裏話をちょっとお聞きしたいと思いますが、その前に、白井さんの今までの音楽歴を少しお話しいただいてもいいですか?

S;そうですね。まず小さい頃にピアノを始めました。いわゆるバイエルとかやったわけですが、あまり熱心ではなかったですね。ただ、絶対音感だけはつきまして、それは良かったですね。その後、12~13歳ですか、兄の影響で、フォーク・ギターをはじめました。井上陽水の『夢の世界』が4つのコードでできるという話だったんで、その曲をまず練習しましたね。

G;ということは白井さんの音楽の原点は井上陽水ってことになりますか?

S;そういうことになっちゃいますね・・・(笑)

G;なるほど。ではエレキ・ギターはどういう経緯ではじめられましたのですか?

S;エレキはですね、実は最初は鍵盤楽器がやりたくてヤマハのDX7に憧れたんですが、価格が子供には手が届かなくて諦めまして、それで1984年でしたかライブエイドがあったと思うんですが、あれを見てエレキいいなあと思いまして、それで白いストラトキャスターがほしいなと思いました、なぜか・・・。

G;なぜか?

S;なんですかね?当時のミュージック・ライフの裏表紙に白いストラトの広告が載っててかっこいいなあと思ってたり、ライブエイドでスティングが黒いストラトを持って演奏してる姿がすごくかっこ良くって、だんだん自分の中でストラトいいな、と思うようになって・・・。で、お茶の水の下倉楽器に行きまして、予算の都合で白いストラトは買えなくて、青いストラトを買いました(笑)。それが始まりですね。その頃は洋楽の流行りものが好きで、クィーンとかTOTOのギター・ソロとかを結構コピーしたりしてましたね。

G;で、バンドはいつ始められたんですか?

S;バンドのまね事は中3くらいでしたね。

G;じゃあエレキを持ってすぐくらい?

S;そうですね、でもその時はなぜかドラムだったんですね、誰もやる人がいなくて・・・(笑)で、その辺から何でもやるようになって。オリジナルっぽいのとかみんなが好きそうなのをやったりとか。

G;じゃあ作曲もその頃から?

S;そうですね、中学の終わり頃から。でも当時は作曲はよくわからなくて、真似事でなんとなく・・・。

G;で、高校時代も引き続きバンドを?

S;ええ、軽音部に入って、コピー・バンドとかやってました。で、その頃からプログレも聴きだしました。

G;プログレはどういうのを聴いていたんですか?

S;当時は兄の影響で、フロイドとかイエスとか4大バンドあたりから入りましたねえ。その後ラッシュを聴きまして、面白いなあと思いました。で、ラッシュのコピーバンドを始めました。その頃からだんだんプログレに傾倒しだしまして、キング・クリムゾンとかいきましたねえ。

G;その後、白井さんはprestoを結成されるわけですが、その間はいろいろあったんですか?

d0181930_16264749.jpg


S;ありましたねえ(笑)。コミック・バンドとかやってたんですよ(笑)。

G;(笑)

S;米米CLUBみたいなやつですね。

G;JPOP的なかんじですか?

S;そうです。米米のコピーとちょっとだけオリジナルをやってました。高校時代のクラスメートを集めてやってたんですが、その人脈でだんだんシフトしていき、その縁で奥津岳と知り合いました。

G;ああ、axis のドラマーの?

S;で、彼と絡むようになり、オシャレ系のフュージョンとか・・・

G;どの当たりの?

S;スクエア、カシオペアとか・・・

G;その辺はMAU2もやってましたねえ(笑)

S;ちょこちょことオリジナルもやったり、それで、それをレコーディングをしたりしたんですが、それをテープ・コンテストに出したんですね。槇原敬之とか輩出したリットーミュージック主催の。それが縁で、ぼくがリットーミュージックに目をつけられ、仕事してみない?って誘われまして、テレビのBGMの仕事とか始めたんですね。それと並行してオリジナルを作っていきました。で、山中湖にあったビクターのスタジオでアルバム一枚分レコーディングしたのが、presto だったんですね。なので元々はバンドというよりはユニット的なかんじでした。

G;その時の音楽性はどんなかんじだったんですか?

S;当時は自己顕示欲が強くて、ぼくこんなにできるんだみたいなかんじで見せつけるような、音楽性に節操はなかったんですが、プログレッシヴ・ハード的要素を取り入れていて、まあドリーム・シアターみたいな・・・。
で、それが話題になったりとか、ありました。その後、presto の2ndを作るにあたり、ちゃんとバンド化しないとね、ということになり、メンバー募集を始めました。キーボードの田中(隆司)さんとはその頃、地元(横浜)が近かったせいもあり知り合いました。それが13年前くらいの話になりますかね、2000年頃でした。

G;その後、presto からaxis へのシフトの経緯はどういうかんじで?

S;メンバーがゴチャゴチャしてる時期にネット募集でヴォーカルのともみさんが入ってきて・・・。彼女はJPOPとか和風R&Bというのかそんな音楽をやっていて、裏でスタジオ・ミュージシャンとか仕事もしていたりして、まあ畑の違う人ではあったんですが、この人より歌える人はいないよねっていうことで、入ってもらって、とりあえず1枚作りました。で、いろいろ大人の事情がありまして・・・(笑)、presto じゃなくてaxis でいこうということになりました。

G;先にアルバムを作った後で、axisでリリースしようということになったんですね。

S;そうです。実は彼女がプログレというのに抵抗がありまして、リリースするならprestoではなくバンド名を変えるということになりました。ぼく自身あの作品に思い入れがありまして、これをお蔵入りするのはどうなんだろうと思いまして、泣く泣く受け入れまして・・・、axis となりました。

G;axis の音楽は、白井さんの洋楽的要素と、ともみさんのJPOP要素が交じり合ったように聴こえますが?

S;ベースのオケを作るのはぼくなんで、当然洋楽っぽくなってますが、その後のメロディ・ラインとか歌詞とかをともみさんに任せたりした部分もありましたので・・・。1stはまだ田中さんはそんなに関わってないですね。

G;田中さんは2nd、3rdにいくに従って比重が高くなっていく?

S;そうですね。田中さんは人の嫌がることが好きで、これ絶対ともみさん嫌がるねみたいなものをぶつけてくるんですが、それをともみさんがぶった切る、また挑戦する、みたいなのがバンドの図式でしたね(笑)。

G;バンドのメンバーそれぞれやりたいことははっきりしていて、その調整が難しいってこともあったってかんじですか?

S;そうですね、でもだんだん皆丸くなってきて皆で頑張ろうみたいなかんじにはなってきました。それが最終的には3rdアルバムに反映されました。

G;確かに3rdは、コンセプト的なところでともみさんのアイデアがよくわかりますし、白井さんの音楽性もしっかり出てますね。

S;あとは田中さんのエッセンスの比重が重いですね。


次回vol.2に続く(全3回)。
[PR]

by gwingermau2 | 2014-01-17 18:30 | 2ndレコーディング