プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
2010年 08月 07日
二重被爆
今日NHKハイビジョンで『二重被爆』のドキュメンタリーをみる。山口彊(つとむ)さん。
昭和20年8月6日広島、8月9日長崎で原子爆弾に被爆した二重被爆者である。

d0181930_2311587.jpg


長い間この事実を語らずにいたが、
自分の存在意味が原爆の悲惨さを語り続けることにあると悟り、
2005年頃から『語り部』としていろいろな所で、語りはじめる。
国連をはじめ、世界中にその思いを信じられないような熱意で発していく。
2009年12月22日には、ジェームズ・キャメロンが病室を訪問する。
彊の話を聞いたキャメロンは原爆をテーマにした映画の構想を話す。
彊は「私の役目は終わった。後は貴方に託したい」と語った。
その10日程後、2010年1月4日胃がんのため亡くなる。93歳。

心が揺さぶられた。

自分の存在の意味を悟り、表現者としてできる限界の活動をした山口彊さん。

振り返って、じゃあ自分に何ができるのか?

語るべき言葉を持っていない。
あまりに無力な自分の存在・・・・・
せめて音楽で、MAU2の音楽で何か表現できないのか・・・・・

できるできないかではなく、表現者として考え続けることがぼくらの命題なのか。
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-08-07 22:58 | 社会 | Comments(0)
2010年 08月 06日
プログレ名盤vol.2・・・キャメル『スノーグース』
d0181930_19175842.jpg


プログレの人気バンドであるキャメル、歌も歌えるバンドなのに
あえてインストだけで作った『スノーグース』は不思議なアルバムである。

キャメルのこのアルバムをプログレとジャンル分けするのは適当でないかもしれない。

確かに有名な物語をコンセプトの下敷きにし、全曲ノンストップ構成、インスト・・・とくれば、
プログレの気配が感じられるのは無理もない。
ましてや他のアルバムではプログレ的な音楽を演奏してるバンドである。

リリカルで優しく美しいメロディを淡々と演奏していく。
本当に淡々と。
超絶技巧や激しい楽器同士のぶつかり合いはない。
オーケストラの楽器が入るものの、アレンジが複雑というほどではない。

歌のない歌謡曲?

最初の印象はそれだ。

「この音は、歌のない歌謡曲とどう違うんだ?」

ぼくは考えた。
これはプログレなのか?そもそもロックなのか?
イージーリスニングか?劇伴音楽なのか?

そう!もはやジャンル分けは意味がない。

キャメルのメンバーもこの音にたどり着くまで相当悩んだんじゃないか?

ちょっと難しいことやったほうが、いいんちゃう? とか
もっと仰々しくやったほうが、それっぽいんじゃない? とか・・・
でもこのシンプルな、出たまま音にしましたというピュア感を大事にした音。
その音をレコーディングした。

これはこれで勇気いるよなあ。

でも当時のロックファンは理解した。かなり売れたんだなあ、このアルバム。

この牧歌的な優しさと英国紳士の渋さを備えた『スノーグース』。

そんな音楽に対して、でもなんでこのジャケット、イラストレーションなんだろうね。
悪くはないけど・・・。

もちょっと絵本的な柔らかさがあってもいいのと違う?
スノーグースがちょっとメタリック的ですよ、このイラスト。
アンソニー・フィリップス『ザ・ギース・アンド・ザ・ゴースト』のジャケのようでもよくない?

いろいろな疑問をぼくは抱き、でもこの奇跡的なアルバムを夏の朝、車を走らせながら聴く。

そんなことを書いていて、
ふとポール・ギャリコの寓話『スノーグース』に触れないのはマズイんじゃない!ということで、
まったく知らないので、この作品ってどんな内容なの?ってPCで検索。

「な~るほど、そんな話かあ。絵本版があるんだ・・・・表紙の絵、気になるなあ・・・・
いい絵だ・・・・・なんか見たことあるぞ
・・・・・・あれっ?・・・・・持ってたりして・・・・・持ってるわ、この絵本・・・・」

d0181930_19182498.jpg
持ってました。この絵本。でも忘れてました・・・(^_^;)
そういえば、買ったはいいけど、ずっと読んでなかったぞい。

今週末読んでみよっと。
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-08-06 19:25 | プログレ名盤 | Comments(0)
2010年 08月 05日
プログレ名盤vol.1・・・PFM 『クック』
d0181930_12485463.jpg
10代の時小遣いも少なく、ほしいレコード全てを購入することなどできず、
考えに考えて選んで買っていた。
よってその選に洩れた名盤は数知れず。
また当時の乏しい情報量では知りえなかった名盤も数知れず・・・。

ところが最近のネットによる情報量はものすごいですね。
プログレ関連のサイトや本などで、いろいろな情報を知ることができるようになった。
そして今まで入らなかったプログレ名盤が簡単に手に入るようになった。

そんなわけでプログレファンを自認し、プログレの曲を作っている自分ではありますが、
実はそれほどプログレを知ってるわけではなく、
ならばここらあたりで少しずつプログレの名盤と言われているものを
少しずつ聴いてってやろうじゃないのと思ったわけ。

そんなわけでファースト・コンタクト・プログレ名盤と銘打って、
時々そんな自分が購入したアルバムを紹介していきたいと思います。
もちろんそれぞれのアルバムは既にいろいろな解説や批評がされているので、
別の視点で勝手な思いを書いていこうかな。

初回はPFM『クック』。
74年の北米でのライブを収めたアルバムである。

一曲目『原始への回帰』のキレ具合と言ったらなんと表現したらいいのだろう。
怒涛のリズムが大きなグルーヴになってメンバーが一つの音の塊になって突進する様は、
類を見ないほど見事だ!
2曲目はうってかわってイタリアの風が香る静かな曲、渋い!
地中海の香りがするムッシーダのソロに導かれて始まる3曲目『JUST LOOK AWAY』、
優しくてとてもいい曲だ。 剛と柔、バンドの音楽性の幅の広さを見せ付ける・・・。
4曲目はこのCDの中でもハイライトの一つ『セレブレイション』で
曲のラストに『甦る世界』に繋がるという黄金リレーだ。こりゃ、その場にいたら熱狂だよね。
バンドもドライブ感バリバリ全開モードで、やってるメンバーもさぞ楽しかったことだろう。

8年ほど前(?)、奇跡の来日を果たした時、
大阪のブルーノートでMAU2の西口&敏ちゃんと見たけど、
これほどの圧倒感は感じなかったなあ。感激はしたけどね。
やはり20代と若く、全盛期のパワーがなせるわざか。このCDの中の演奏はそれほどすごい。

キーボードはハモンド、モーグ、メロトロン、エレピとフル装備。
プレモーリはやはりうまいなあ!クラシックの基礎ができてるからか運指きちっとしてて、
どんなに速くなっても乱れません!っていうような安定感。
ちょっとモーグがフィルター開け気味ではっきりくっきり、オン気味なのが気にかかるが、
憎いところに入るわメロトロン。

多感な10代にこのアルバムに出会っていたら、ぼくの音楽性ももっと変わってただろうな。
MAU2のサウンドにも影響を与えたに違いない。

40代の最後にちゃんと聴けただけでもありがたく思います。
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-08-05 12:58 | プログレ名盤 | Comments(0)
2010年 07月 24日
ミッキーレコーディング
今日はミッキーのギター・レコーディングの日でした。

d0181930_22344730.jpg
今日の参加メンバーは、ミッキー、星野(オペレーター役)、ぼく銀河(監督役←ホントはお茶出し係)の3人。

曲はこのところ録っている『ANOTHER HEAVEN』。
曲の長さだけでも20分を超える上、曲調や拍子、テンポがどんどん変わるので、
曲の構成を把握し、間違えないように演奏するだけでも大変。

ミッキーはこのところの猛暑にもかかわらず早朝から草野球の試合をこなし(^^;)、
午後レコーディングに参上とはなかなかの根性デス!
大汗かいた後の割にはかなり元気で、レコーディングの合間にギャグもかませつつ、
音色や弾き方のディスカッションを交わしつつ、
ノリノリでギターを弾いていく・・・(まあ、いつもの感じなんですが)。

d0181930_22371020.jpg


西口とのギターの絡みのあるところは次回持ち越しとし、4時間サクサクと作業をこなして終了。

ミッキー今日はお疲れ様でした。でもまだギターの残りパートと、メインのヴォーカルがあるんだよね。
次回も頑張っていこ~~~ね!

今回オペレーター役の星野くんは、明日ライブがあるとのことで、
マウマウのレコーディング後、次のバンドの練習に早々に消えていきました・・・・

彼もまた忙し氏の一人です。お疲れ様デス!
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-07-24 22:48 | 2ndレコーディング | Comments(0)
2010年 07月 22日
8/8はNHKFM「今日は一日プログレ三昧」
d0181930_1252388.jpg
な、なんとNHKFMでこんな企画あるんだ!

っていうんで、来る8月8日(日)12:15よりNHK FM「今日は一日プログレ三昧」という番組が放送されるらしい。それも13時間連続放送とのこと。ものすごい長さだ。YESの『危機』だろうが、EL&Pの『タルカス』だろうが、なんでもノーカットで聴けるかもしれない・・・・・ワクワク

それにしても前々から思っていたけど、NHKっていうかNHKFMは昔からプログレに親切な気がする。トリアンヴィラートやイ・プー(イ・プーはプログレとはいえないけど)、KENSO、・・・・まずオンエアされないであろうプログレバンドの多くを、ぼくはNHKFMで知ったのである。澁谷陽一氏の番組もよく聴いた。う~~~ん、懐かしい・・・。

8/8、どんな曲がかかるのであろう?今からオンエアが大変楽しみだ。忘れないようにカレンダーにメモっておかなくっちゃね。
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-07-22 12:51 | プログレ | Comments(0)
2010年 07月 14日
ライブの打合せ
昨夜ライブの打合せでSTUDIO BASIXへ行ってきた。

このSTUDIO BASIXは名古屋の誇るプログレインストバンドGONZのリーダーToshさんのスタジオ。
名古屋市西区にあるスタジオなんだけど、ぼくは20代の半ばまでその近くに住んでいて、中学校もスタジオのすぐ近くなので、なんか地元に帰るような親しみがあり、初めていく場所だったにもかかわらず、スイスイとたどり着く。

午後8時すぎ、スタジオの扉を開けると、ピンクフロイドの曲が流れるいいムードの中、Toshさんと久々の再会。2008年11月のムジカでのTRETTIOARIGA KRIGETとの対バンライブ以来かな。Toshさんの脇には、これまたハーフのような奥様が(後で聞くとフラメンコをされているという。イメージぴったりだ)。

STUDIO BASIXが企画運営しているライブイベントの50回記念で、特別にプログレライブを企画していて、それにMAU2にも参加しないかという有難いお誘いがあり、MAU2としては、こんな願ってもいない企画はないわけで、速攻乗ったという次第。その具体的な打合せのため、伺ったのです。

2時間ほど、ライブの話というよりはそれ以外の音楽の話とか、いろいろさせてもらいました。Toshさんは、楽器のテクニックの凄さは改めて言うまでもなく、ミュージシャンとしてのぶれない姿勢、音楽に対する熱い思いが充分伝わり、ぼくもMAU2ももっともっと頑張らねば!と思いました。Toshさんは本当にかっこよかった。
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-07-14 12:51 | ライブ | Comments(0)
2010年 07月 13日
Bassレコーディング
d0181930_1734376.jpg一昨日はBassのレコーディングがおこなわれました。

ぼくの自宅(名古屋近郊)にAM10:00集合とのことで、大阪在住のBassの敏ちゃんは前日滋賀の弟さんのところに泊まって(弟さん、ご協力ありがとう!!!)、そこからのご出勤。集合時間の10分前にピンポ~~~ンとあり、こちらもあたふた・・・。

というのは、自宅レコーディングの時は、ぼく(銀河)自身のレコーディングが無ければぼくは結構お気楽な立場(レコーディングの音の間違い探しやアドバイスくらい)なんで、もっぱらお手製ランチの俄かシェフになってて、ちょうどそのときもエプロン姿でキーマカレーを煮込んでる真っ最中だったんです。

で、エプロン姿のままバタバタ玄関に走り、敏ちゃんを迎えたってわけ・・・新婚の奥さんかい!って・・・(-_-;)
カレーの煮込み具合も気になり、敏ちゃんの対応もほどほどにまたキッチンに戻ったとさ。

そんなこんなでバタバタしてるうちに、星野くんもノートパソコンを持って現れ、その日のメインであるBassのレコーディングに入りました。

途中皆でキーマカレーとノンアルコールビールでワイワイ過ごし、それ以外はPM5:00まで約7時間まじめにレコーディング作業。20分を超す2nd最大の曲『ANOTHER HEAVEN』のBassパートは一部を除き、これでだいたい終了かな・・・。

敏ちゃん、星野くん、本当にお疲れ様でした。

こんどは何作ろうかな?
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-07-13 18:20 | 2ndレコーディング | Comments(0)
2010年 07月 11日
ブログ開設!!!
MAU2のオフィシャルサイトのリニューアルに伴って、新たにMAU2メンバーによるブログを開設しました!メンバーの日々の様子や思いを皆さんにお伝えできるようになりましたので、今後お楽しみに!!!

以前のMAU2サイトにありました掲示板は、ブログ開設に合わせてなくなりましたが、
ブログ記事への書き込みはできますので、今までのようにいろいろ書き込みしてくださいね!!!!
[PR]

# by gwingermau2 | 2010-07-11 21:10 | ホームページ | Comments(0)