プログレッシヴロックバンド " MAU2/マウマウ " のオフィシャルブログ
2014年 01月 17日
MIXの白井氏に聞く vol.1
d0181930_16241134.jpg

昨年末の12月28日、MIXを引き受けてくださった白井さんのスタジオで、
完成したMAU2の2ndの試聴会の前に、
せっかくの機会だからと、いろいろインタビューをさせてもらっちゃいました。
その内容を3回に分け、ブログに記していきますね。
なかなか興味深い内容ですよ~~。  (G;銀河  S;白井)

------------------------------------------------------------

G;今回MAU2のMIXをお願いした白井昭彦氏は、プログレッシヴ系ロックバンドpresto、axisでの超絶テクニックを誇るギタリストというだけでなく、サウンドクリエーターとして、作曲はもちろん、レコーディング、MIX、プロデュースにいたるまで、全ての音楽制作に才能豊富な方でいらっしゃいます。 本日(2013/12/28) MIXが無事終了いたしまして、せっかくなのでこれまでの苦労話や裏話をちょっとお聞きしたいと思いますが、その前に、白井さんの今までの音楽歴を少しお話しいただいてもいいですか?

S;そうですね。まず小さい頃にピアノを始めました。いわゆるバイエルとかやったわけですが、あまり熱心ではなかったですね。ただ、絶対音感だけはつきまして、それは良かったですね。その後、12~13歳ですか、兄の影響で、フォーク・ギターをはじめました。井上陽水の『夢の世界』が4つのコードでできるという話だったんで、その曲をまず練習しましたね。

G;ということは白井さんの音楽の原点は井上陽水ってことになりますか?

S;そういうことになっちゃいますね・・・(笑)

G;なるほど。ではエレキ・ギターはどういう経緯ではじめられましたのですか?

S;エレキはですね、実は最初は鍵盤楽器がやりたくてヤマハのDX7に憧れたんですが、価格が子供には手が届かなくて諦めまして、それで1984年でしたかライブエイドがあったと思うんですが、あれを見てエレキいいなあと思いまして、それで白いストラトキャスターがほしいなと思いました、なぜか・・・。

G;なぜか?

S;なんですかね?当時のミュージック・ライフの裏表紙に白いストラトの広告が載っててかっこいいなあと思ってたり、ライブエイドでスティングが黒いストラトを持って演奏してる姿がすごくかっこ良くって、だんだん自分の中でストラトいいな、と思うようになって・・・。で、お茶の水の下倉楽器に行きまして、予算の都合で白いストラトは買えなくて、青いストラトを買いました(笑)。それが始まりですね。その頃は洋楽の流行りものが好きで、クィーンとかTOTOのギター・ソロとかを結構コピーしたりしてましたね。

G;で、バンドはいつ始められたんですか?

S;バンドのまね事は中3くらいでしたね。

G;じゃあエレキを持ってすぐくらい?

S;そうですね、でもその時はなぜかドラムだったんですね、誰もやる人がいなくて・・・(笑)で、その辺から何でもやるようになって。オリジナルっぽいのとかみんなが好きそうなのをやったりとか。

G;じゃあ作曲もその頃から?

S;そうですね、中学の終わり頃から。でも当時は作曲はよくわからなくて、真似事でなんとなく・・・。

G;で、高校時代も引き続きバンドを?

S;ええ、軽音部に入って、コピー・バンドとかやってました。で、その頃からプログレも聴きだしました。

G;プログレはどういうのを聴いていたんですか?

S;当時は兄の影響で、フロイドとかイエスとか4大バンドあたりから入りましたねえ。その後ラッシュを聴きまして、面白いなあと思いました。で、ラッシュのコピーバンドを始めました。その頃からだんだんプログレに傾倒しだしまして、キング・クリムゾンとかいきましたねえ。

G;その後、白井さんはprestoを結成されるわけですが、その間はいろいろあったんですか?

d0181930_16264749.jpg


S;ありましたねえ(笑)。コミック・バンドとかやってたんですよ(笑)。

G;(笑)

S;米米CLUBみたいなやつですね。

G;JPOP的なかんじですか?

S;そうです。米米のコピーとちょっとだけオリジナルをやってました。高校時代のクラスメートを集めてやってたんですが、その人脈でだんだんシフトしていき、その縁で奥津岳と知り合いました。

G;ああ、axis のドラマーの?

S;で、彼と絡むようになり、オシャレ系のフュージョンとか・・・

G;どの当たりの?

S;スクエア、カシオペアとか・・・

G;その辺はMAU2もやってましたねえ(笑)

S;ちょこちょことオリジナルもやったり、それで、それをレコーディングをしたりしたんですが、それをテープ・コンテストに出したんですね。槇原敬之とか輩出したリットーミュージック主催の。それが縁で、ぼくがリットーミュージックに目をつけられ、仕事してみない?って誘われまして、テレビのBGMの仕事とか始めたんですね。それと並行してオリジナルを作っていきました。で、山中湖にあったビクターのスタジオでアルバム一枚分レコーディングしたのが、presto だったんですね。なので元々はバンドというよりはユニット的なかんじでした。

G;その時の音楽性はどんなかんじだったんですか?

S;当時は自己顕示欲が強くて、ぼくこんなにできるんだみたいなかんじで見せつけるような、音楽性に節操はなかったんですが、プログレッシヴ・ハード的要素を取り入れていて、まあドリーム・シアターみたいな・・・。
で、それが話題になったりとか、ありました。その後、presto の2ndを作るにあたり、ちゃんとバンド化しないとね、ということになり、メンバー募集を始めました。キーボードの田中(隆司)さんとはその頃、地元(横浜)が近かったせいもあり知り合いました。それが13年前くらいの話になりますかね、2000年頃でした。

G;その後、presto からaxis へのシフトの経緯はどういうかんじで?

S;メンバーがゴチャゴチャしてる時期にネット募集でヴォーカルのともみさんが入ってきて・・・。彼女はJPOPとか和風R&Bというのかそんな音楽をやっていて、裏でスタジオ・ミュージシャンとか仕事もしていたりして、まあ畑の違う人ではあったんですが、この人より歌える人はいないよねっていうことで、入ってもらって、とりあえず1枚作りました。で、いろいろ大人の事情がありまして・・・(笑)、presto じゃなくてaxis でいこうということになりました。

G;先にアルバムを作った後で、axisでリリースしようということになったんですね。

S;そうです。実は彼女がプログレというのに抵抗がありまして、リリースするならprestoではなくバンド名を変えるということになりました。ぼく自身あの作品に思い入れがありまして、これをお蔵入りするのはどうなんだろうと思いまして、泣く泣く受け入れまして・・・、axis となりました。

G;axis の音楽は、白井さんの洋楽的要素と、ともみさんのJPOP要素が交じり合ったように聴こえますが?

S;ベースのオケを作るのはぼくなんで、当然洋楽っぽくなってますが、その後のメロディ・ラインとか歌詞とかをともみさんに任せたりした部分もありましたので・・・。1stはまだ田中さんはそんなに関わってないですね。

G;田中さんは2nd、3rdにいくに従って比重が高くなっていく?

S;そうですね。田中さんは人の嫌がることが好きで、これ絶対ともみさん嫌がるねみたいなものをぶつけてくるんですが、それをともみさんがぶった切る、また挑戦する、みたいなのがバンドの図式でしたね(笑)。

G;バンドのメンバーそれぞれやりたいことははっきりしていて、その調整が難しいってこともあったってかんじですか?

S;そうですね、でもだんだん皆丸くなってきて皆で頑張ろうみたいなかんじにはなってきました。それが最終的には3rdアルバムに反映されました。

G;確かに3rdは、コンセプト的なところでともみさんのアイデアがよくわかりますし、白井さんの音楽性もしっかり出てますね。

S;あとは田中さんのエッセンスの比重が重いですね。


次回vol.2に続く(全3回)。
[PR]

# by gwingermau2 | 2014-01-17 18:30 | 2ndレコーディング
2013年 12月 29日
MAU2 2ndMix完成!
d0181930_20163973.jpg


何かと忙しい師走の週末、
MAU2のMIX作業をお願いしている白井さんのスタジオに行ってきた。
記憶もおぼろげながら、
確か足掛け6年に渡っていたレコーディング作業も、
なんとか、どうにか、これで終了。

完成音源を皆で試聴し、拍手で白井さんの素晴らしい仕事に感謝の意を伝える。
熱意ある作業ぶりで、作業時間は優に100時間は超えたであろう、
ただただ頭が下がるのみ・・・。

合わせてインタビューも少々させていただき、
今後、ブログやMAU2・HPで紹介できたら、
と思ってる。

白井スタジオへの行き帰り、富士山の眺めが素晴らしく、
凛としたその姿に、心が清々しく、洗われたようだった・・・・。

d0181930_20183183.jpg

[PR]

# by gwingermau2 | 2013-12-29 20:21 | 2ndレコーディング
2013年 12月 12日
Pちゃん飼い主見つかる!
d0181930_1240739.jpg

12/2のブログの報告です。

突然わが家にやってきた白文鳥のPちゃんなんだけど、
一昨日、電撃的に飼い主さんが見つかった!
やはりご近所の方で、道路を2本隔てた北側に住まれている方。
電柱に貼った”白文鳥保護してます”のビラを友人の方が見られて、
その飼い主さんに伝わったらしい。

お話を聞くと、
外に大きなゲージ(もちろんヒータ付)の中で、
15羽(!)ほど小鳥を飼われているとのこと。

”もし良かったらそのままお宅で買い続けていただいてもいいですよ”
って飼い主さん言ってくれても・・・
すご~~く探しまわってるかも?って心配してたから、
割と冷静な返事に、何となく肩透かし気味(^_^;)。

1週間もPちゃんといると、情も湧き、
もしこのまま飼い主が見つからなかったら責任持って飼おう!と
思いはじめてた頃だったから、
ウチで飼ってもいいか、と思うも、
やはり飼い主さんに返すのが本筋。

というわけで、昨日、飼い主さんにPちゃんを無事引き渡した。

今回の騒動のために急ぎ購入した鳥カゴ、
今は住人不在で、見るたび寂しい気持ちになる。

ピィピィと可愛い鳴き声がちょっと懐かしい・・・
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-12-12 12:42 | 日々の生活
2013年 12月 02日
カラスに追われた文鳥を
d0181930_23335344.jpg


今朝、洗濯物を干すためウッドデッキへ通じる引戸を開けた途端、
バタバタと騒々しい羽音と鳥の鳴き声・・・。

あっと思うまもなくカラスに追われた小鳥が部屋に逃げ入ってきた。
よく見ると綺麗な白文鳥である。
人にもよく慣れている。

それにしてもカラスに追われ、奇跡的によく我が家に入ってきてくれた。
家に入れなかったら、命を落としていたかもしれない・・・。

家人が隣家より虫カゴを借り、ひとまずその中に保護。餌購入。

さあ次はどうしたらいいものか?

ウイークデーの月曜だし、夜にはテニス・スクールもある。
仕事を早めに切り上げ、
まず警察に迷子文鳥の届け出、
次にホームセンターで鳥かご購入。

今、迷子文鳥保護のポスターを作成し、
明朝には町内の電柱にでも貼ってこようと思ってる。

なんとか飼い主が見つかるといいけど・・・
でもずっと見つからないと、その文鳥に愛着湧いちゃうよね・・・

とりあえず、”Pちゃん”と名づけた。
なんとも悩ましい日々を過ごしそうである。
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-12-02 23:37 | 日々の生活
2013年 11月 26日
長い一本道
d0181930_15542669.jpg


仕事で4日ほど長野の安曇野に行ってきた。

早朝の安曇野の空気は清々しく、
川沿いの遊歩道を散歩するのが楽しみな日課となった。

この長い一本道を眺めると、
長かったMAU2の2ndレコーディング作業が頭の中をめぐり、
大変だったこれまでの様々な思い出や完成間近の安堵感がこみ上げてくる・・・。

あと一息だ。
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-11-26 18:38 | 日々の生活
2013年 11月 21日
ロジャー・ディーンな鳳来寺山
d0181930_217311.jpg

紅葉狩りで鳳来寺山に行ってきた。

もう紅葉まっさかりかと思ってたけど、
まだちょっと早かったかんじ。

鳳来寺へ登る1400段以上の石階段を上がると、息も切れ切れ。
でも鳳来寺からの眺めは清々しい。

途中、気になる景色が・・・
あっ、ロジャー・ディーン風じゃないの!この松。
d0181930_2182050.jpg


フォトショップでちょっと加工する。
d0181930_219033.jpg


それらしいんじゃない?
次のアルバムに使えるかも・・・って?
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-11-21 21:11 | 日々の生活
2013年 10月 25日
MIX作業2ヶ月
このところ、MIXの白井さんとのやり取りが顕著だ。

今はネットが発達してるおかげで、
静岡在住の白井さんがその日のMIXの成果をネットに上げ、
名古屋近郊在住のMAU2メンバー3人、
そしてもちろん東京在住のカイドー(西口)も、
即日にダウンロードして試聴、メールで意見交換ができる。

そんなわけで、白井さんのアップが待ち遠しい。
毎日ワクワクドキドキだ。

ぼくはMIXに関しては大した知識はないけれど、
MIX作業が音楽に施す影響というか効果が
これほどまでに大きいものとはいままで知らなかった・・・。

例えれば、
抜群に腕のいい床屋に行って、椅子に座り、
希望の髪型をそのカリスマ理容師に伝えると、
あれよあれよという間に、自分に似合った髪型が仕上がり、
自分自身かっこ良くなった錯覚に陥るような・・・
しかもマッサージのサービスまで付いてて気持ちいい~~
みたいな、そんな感じ。

余計わからない?すいません(^_^;)。

イメージはそんな感じ。

でも実際にはそんなにスムーズにMIXが上がってくるわけではなく、
数限りないディスカッションと試行錯誤の末の産物ではあるんだけどね。

白井さんとのやり取り、はや2ヶ月近く続いてる。
全体のヴォリュームからすると、まだ数ヶ月はかかるかな。

でもこのかけがえのない時間、楽しみは続く・・・。
じっくりいこう!
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-10-25 22:35 | 2ndレコーディング
2013年 09月 22日
白井スタジオ訪問
d0181930_1637088.jpg


昨日、念願の白井スタジオに、
MAU2メンバー、ぼく、カイドー(西口)、ミッキー(高嶋)の3人で伺った。

ぼくとミッキーは名古屋から車で出発、
途中東京から新幹線で三島駅に来たカイドーを拾う予定が・・・
3連休の初日のためか、ぼくの読みが甘かったか、
途中渋滞に巻き込まれ、三島駅に1時間遅れで到着・・・(・_・;)
しかも北口と南口を間違え・・・ちょっと焦る・・・(^_^;)

それでもなんとか1時間待たせのカイドーを拾って、急ぎ白井スタジオへ・・・。
白井スタジオは、静岡県熱海市と三島市の中間点くらい、山の中にある。
ナビを頼りにしようにも検索でヒットしない・・・。

途中やはりわからなくなって
白井さんに迎えにきていただく。

そんなわけで、山の中の道端で慌ただしく初対面の挨拶と握手。

と、最初はバタバタであったが、
その後は初対面とは思えないほど打ち解けた楽しい雰囲気の中、話も盛り上がる。

今回、MAU2が白井さんを尋ねた目的は、
もちろんようやく終わった2ndのレコーディングのMIXについての打合せ。
レコーディング・データを送ってまだそんなに日が経ってなかったので、
具体的な音を聴かせていただけるとは思ってなかったけど、
この日のためにある程度仕上げてくださった曲を1曲、聴かせてくださることに。
おお、サプライズだ!嬉しいぞ!

さあ、試聴。
MAU2のメンバーはもちろん、白井さんの後ろ姿にも緊張の気配が走る・・・

♪ ゴオゴォ~(SEです)~~~~♪~~~~・・・

知ってる曲(当たり前だ、自分が作った曲だもん)なのに、
瑞々しい響きにまず度肝を抜かれる・・・
全ての音が生きている!大げさでなく!
それでいて迫力あるバンドの一体感。
なん、なんだ、これは?
これがMIXの凄さなのか!

そんな興奮の中、ぼくらMAU2のメンバーも白井さんも
さらに熱を帯びたディスカッションを重ね、
MIXに変化を加えていく。

なんかいいなあ、こんな感じ。
音楽が好きな者同士が何の縛りもなく
ただ音楽をより良くする作業に没頭している・・・

宝のような時間だった。

白井さんは、本当に素敵な人だった。
音楽的に素晴らしい素養と経歴をお持ちであるのにかかわらず、
我々MAU2と同じ目線で物事を考え、提案してくださる。
昔からずっと一緒にやってきたような親近感。
仲間、メンバーのように感じるくらいの。
いや、もう5番めのメンバーですね。
勝手ながらそう思わせていただきます、ハイ。

そんなわけで時間はあっという間に経ち、
日帰りの予定を泊まりに変更。
だけど3連休の初日にホテルを当日予約できるはずもなく
宿泊可能というお風呂屋を白井さんに教えてもらう。

白井さんと焼き肉屋で盛り上がった後、
沼津の風呂屋の露天風呂に浸かる3人がおりました。

またMIXが進行すれば、何度か白井スタジオを訪れることになる。
今から楽しみだなあ。
次回は、熱海あたりでホテル予約するかな?
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-09-22 17:30 | 2ndレコーディング
2013年 09月 13日
レコーディング終わり、仕事バタバタと・・・
d0181930_12364682.jpg

d0181930_12373081.jpg

MAU2のレコーディングが終了し、今は本MIX作業の準備中。
ミキシングをお願いしてる白井さんにデータも送り、
来週には直接お会いして打合せの予定。

個人的には、ほっと一息つきつつも、今本業がちょっと忙しい・・^_^;・。

6m×6mの巨大ステンドグラスを2ヶ所受注し、その制作の真っ最中。
原寸図面を腹ばいになりながら描き、
数えきれないほどのカラーガラスをデザインに合わせチョイス。

いろいろ大変なこともあるけど、やっぱ楽しいんだよね。
この仕事ホント好き。
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-09-13 12:43 | 日々の生活
2013年 08月 13日
秘密のドラム練習室
d0181930_7484932.jpg


さて、週末のPC作業のため久々タカニィ(星野)宅に伺ったということで、
彼の秘密(?)のドラム練習室を見せてもらった。

大リーグ養成ギブスみたいのがあるんかな?
なんて冗談を言いながら入ると、
さすが理論派A型人間のタカニィらしく、すっきりと整頓された室内。

キック、シンバル類はエレドラ、練習用消音スネアにピックアップ。
黒の生ドラのタムには皮がネットに張り替えられ、消音対策はばっちり。
横にはシーケンサー、リズムボックス等、デジタル機器も設置されてる。

うん、これなら練習はかどるわ、(^_-)-☆
[PR]

# by gwingermau2 | 2013-08-13 08:07 | 機材